スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓良ければぽちっとお願いします。

ノートパソコンの液晶がわれてしまったので簡易デスクトップとして再利用することにした

ノートパソコンの液晶が割れてしまった

イヤフォンを挟んで閉めてしまったらしくその上をちびっこが乗っちゃっていたので
しっかり液晶画面が割れてしまった。
画面全体に液晶漏れがおこってしまい全く見えない状態になってしまった。

とはいえこのパソコンのCPUもi7でなかなか良いもので、4年しかたっていない。
画面が見えないからといって捨ててしまうのはもったいないので
液晶画面を交換しようと考え調べてみました。

しかし残念なことに液晶画面の交換は一度やったことがあるのだけれど、
最近のパソコンは液晶を取り外すのに
いろいろとパーツを外さなきゃいけないらしい。

新しい液晶画面も見つからなくって替えがないし、お金もかかってしまうので
使っていないモニタに接続させてデスクトップのように使用することにしました。

取りあえす普通にモニターとパソコンを接続。
Windowsマークのキー+Pというショートカットを使い、
プロジェクトのみ表示に設定し(画面が見えないので→を右に3回)
ENTERで真っ黒だったモニターにパソコンの画面が表示されるので
その状態で使い続けようという寸法です。

001.gif


モニターを閉めたり開けたりすると反応してディスプレイが元にもどってしまうので
デスクトップ上の何もないところでマウスの右クリック
「画面の解像度」を押し「複数のディスプレイ」のところを
「デスクトップを2のみに表示する」にしておく。
あんまり変わらないかもしれないけれど念のためということで。

ノートパソコンは特にモニターをとったりしないが、文字をうつとき
ノートパソコンのディスプレイが邪魔なのでUSBの安いキーボードを
購入して使おうと思います。

関連記事
↓良ければぽちっとお願いします。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。