スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓良ければぽちっとお願いします。

リスティング広告の参考に検索エンジンシェアを調べてみた

検索エンジン比較

yahooかgoogleか、リスティング広告出稿をどちらか一方に絞る場合の参考になるかと思い、
キーワード検索のシェアについて調べてみた。

海外ではgoogleが圧倒的なシェアを誇っているのだけれど、
日本ではyahoo!のほうがよく使われていて、一人勝ち状態なんていれていたけれど実際どうなのだろう。

なんて思って調べてみたのだけれど、なかなかこの手の情報に信頼できるデータがどこにも上がっていない。
きれいにグラフ化されていたりするサイトがあったのだけれど、
出展調べると曖昧なデータだったり200名以下の調べ方がちょいとあやしいアンケートだったりと残念な状態。

どういう調べ方をしているかわからないけれど、「seo-ch.」では
yahoo!が49%、googleが39%という状態らしい。
他にもちらほら情報があったのだけれど情報の信頼度が「?」だったのでなんとも。
http://www.seo-ch.jp/country/japan/

いろいろ見て思ったのは、昔ほど圧倒的というわけではないけれどyahoo優位は変わらないみたい。
でも数は減っている。そもそもyahooの検索結果画面は広告だらけになっているといっても
過言ではない状態だから敬遠されている方もいるんじゃないかなと。

検索結果を信頼して広告部分を見ないようにしようという意識を持った方なら、
yahooは少々使いづらいのではないかなと思うのだけれど。
実際近年google検索からの流入のほうが多いような・・すいませんデータなしですが、
yahooは広告部分にある程度持っていかれているのかもしれませんね。

とはいえ業種やキーワードごとに検索数が変わってくるから、
キーワード予測ツールあたりで調べてから決めるといいかも。

http://aramakijake.jp/
有名どころだけれど、会社でお世話になっている会社さんが
ヒットしそうなキーワードを調べてみたけれどやっぱりyahooのほうが多かった。
リスティング広告を出稿するシステムもyahooのほうが使いやすかったので、
迷った時はyahooで良いのかもしれませんね。


関連記事
↓良ければぽちっとお願いします。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。