スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓良ければぽちっとお願いします。

失業保険をスムーズにいただくためのポイントをまとめておこうと思います

失業保険のもらい方

いろいろありまして会社を辞めてしまいました。(4年ぶり2度目)
自己退職というやつです。案外スムーズにやめることができたので、自分でもびっくりしています。
前回やめた時ももらえた失業保険について、いろいろサイトを見ながら進めたのですが、
会社が小さい分もあり手間どりました。
とはいえ何とか時間を無駄にすることなくもらえそうなのですが、
また会社を辞める!なんてこともありうるので、
覚書として今回のことをまとめておくことにしました。

そうそう内容は変わらないでしょうし。

と。。いうことで失業保険をスムーズにいただくためのポイント

失業保険受給資格があるかどうか
・離職の日以前の2年間に雇用保険に加入していた期間が満12ヶ月以上であること。
・前回失業保険を受給してから3年がたっていること。

みたいなことをいわれました。いろんなサイトで説明されていますが、
ハローワークに行って聞くのが一番よいと思います。
次の会社がすでに決まっている・・とか自営するとかだと確かもらえなかったと思います。


自己都合と会社都合の場合で受給できるタイミングが異なります。
・自己都合の場合はすぐにもらえない(3か月くらい間があく)
・会社都合の時はすぐにもらえる

自己都合でやめた場合もその理由が「残業が多すぎる」とか「会社までの距離が遠い」とかの場合は会社都合になるみたいです。前回やめた時は上記の理由をつたえたところ会社都合になりました。会社の人が気を利かせてくれたのかもしれませんが、翌月労働基準局の監査が入ったらしい・・。


会社を辞めた翌日に仮登録をする
いろんなサイトでは下記のものをハローワークに持っていって登録してとかいてあったりするが、
私のような小さな会社ではこのうち「離職票」がなかなかもらえない。
受付のおねぇさんが言うには、「離職票」がないと登録できず、「離職票」は申請してから
1週間以上時間がかかり、退職した後でないと発行できない・・
みたいなことを言われて門前払いされそうになったが、
会社を辞めたことが証明できれば仮登録でき、待機期間の1週間がすぐに開始できるので、
あきらめないで失業保険担当の方に相談してもらえるよう受け付けの方にお願いしましょう。

とりあえず退職する会社にお願いして「退職証明書」を書いてもらってください。
「退職証明書」は私文書で形式が決まっているものではありません。とりあえずネットに落ちてる
フォーマットをダウンロードして記入をお願いしておけばよいかと思います。

▼退職証明書フォーマット
http://www.bizocean.jp/doc/category/88/

ハローワーク登録時に必要になる書類たち
・離職票(1)
・離職票(2)
・雇用保険被保険者証
・印鑑
・写真2枚(縦3cm×横2.5cm)
・普通預金通帳
・本人確認証明書(運転免許証や住民基本台帳カードなど)
・退職証明書

「離職票」は後からでもOKでした「雇用保険被保険者証」を提出しろとは私が行ったハローワークでは言われなかった。写真とか通帳は忘れても登録する分には大丈夫。後日もって行けばよいですがあるに越したことはないと思います。


自己都合でもなるべく早く失業保険がほしい!場合
4月、10月に応募が多い公共職業訓練に応募し、受理されればすぐにもらえるようになります。
また、失業保険受給期間の最後のほうに公共職業訓練を受けるようにすれば
失業保険需給が延長されたりもするみたい。
4月、10月以外にも応募されていることがあるのでハローワークの職員さんに問い合わせてください。


就職したら祝い金がもらえる
1週間待機後ハローワークの紹介で就職
または1週間待機+1ヶ月期間をあけて自分で探した事業所に就職

受給額の60%が祝い金としてもらえます。
※細かな条件があるので注意してください。
失業保険需給時残り期間が2/3残ってたら60%で1/3残ってたら50%もらえるとかだったと思います。



ざっくりまとめですが、細かなことを残しておいてもたぶん読まないと思うので。
可能であればやめる前にハローワークに行って相談しておくのが良いかと思います。
つか、次回これを参考にすることのないようにがんばろう・・
関連記事
↓良ければぽちっとお願いします。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。