スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓良ければぽちっとお願いします。

退職後にやっておくべきことのまとめ

退職後にやっておくべきこと

失業保険をさっさともらうためにしておくべき対応を未来の自分のためにしておいたのですが、
そのほかにしておかなければならないあれこれについても念のためにまとめておこうかと思います。

↓ちなみに失業保険をさっさともらうためのポイントまとめはこちら
失業保険をスムーズにいただくためのポイントをまとめ

1.健康保険証を会社に返す
やめる前に会社から言われるかと思いますが、小さい会社だと言われなかったりします。
これを返しておかないと国民健康保険や任意継続ができないのでなるべく早く返して処理してもらいましょう。

2.離職票を会社に送る
ちゃんとした会社ならしっかり処理をしてくれると思いますが、小さな会社だとなかなか対応してくれません。
これをハローワークに提出しないと失業保険がもらえないのでなるべく早くもらうようにしましょう。
ハローワークでも記入書類がもらえるので、登録時にでもいただいて会社に送りつけ、対応をお願いします。
記入された離職票は、会社の管轄のハローワークに送付してもらう。間違っても自分の住んでいる管轄ハローワークに送らないように注意が必要です。
※離職後でないと書類を作れないそうです。

3.国民健康保険や任意継続かを決めて対応する
仕事を辞めた段階で、保険が国民健康保険に切り替わります。処理していなくても半ば強制的だったはず。国民健康保険は扶養枠がないので、扶養家族がたくさんいる場合は任意継続のほうがはるかに安くなります。
国民健康保険料の納付金額は各市区町村の担当窓口で正確に計算してくれますので、任意にするかどうか決める前に問い合わせるとよいでしょう。
任意継続も下記サイトに料金が掲載されているので参考にしてください。

都道府県毎の保険料額表→保険料額表(最新の年度のもの)→任意継続被保険者の方の健康保険料額:所在の都道府県
※被保険者の方の健康保険料額のほうではないので注意してください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150

任意継続は書類を郵送することでも対応してくれます。
その際扶養に関する書類の添付が必要となりますが、私の地域の場合子供たちに関する資料は不要で、嫁っこだけ所得証明を役所からもらって添付してほしいと言われました。ただ、納税証明がされていない場合、納税の金額が「***」と数字が入らない状態になりこれではNGだということでした。所得がない場合も納税金額が「0」になるよう役場で処理してもらってください。
ちょっとした書類を書くだけで対応してもらえました。

一応念のためお住まいの地域の都道府県支部に問い合わせておくとよいかと思います。
↓各都道府県支部一覧
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g7/cat710/sb7130/sbb7131/1762-620

↓任意継続書類の書式はこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2/cat240/r55

↓全国保険協会のホームページTOP
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/

ちなみに、任意継続の場合登録月に就職した場合、2重登録となりますが保険料は帰ってきません。次月以降就職した場合、重複する分の保険料は帰ってくるとのこと。すぐに就職しちゃう方は少々もったいないので気をつけましょう。
国民健康保険は登録月に就職しても保険料は帰ってきます。
また、任意継続の場合就職して会社から全国健康保険協会に加入することができたら任意継続をやめる必要がありますがこの処理は自分で行わないといけません。これも都道府県支部に問い合わせておくとよいかと思います。


4.国民年金への切り替え
これも強制的に切り替えさせられるのでとっととかえてしまうのが良いかと思います。

必要なもの
・離職したことが分かるもの
→私文の退職証明書など。ない場合は役場の職員が会社に
 電話して問い合わせてくれるのでなくてもOK。
・年金手帳
→会社保管されていると思うので返してもらう。うちの会社は登録作業などが
 終わってからすぐに返してもらっていたので家にありましたが問題なかったのかな?
・身分証明書
・ハンコ

役場に行って書類を書いて終了でした。場合によっては年金を請求される場合もあるみたいですが、私の場合は処理が終わったら納付書を送ってくれるということで処理が完了しました。請求されても「納付書おくって!」と言えば対応してくれると思います。


結構いろいろあって面倒ですが、ハローワーク登録も含め2日もあれば終了します。
うまくやれば1日で終わったりもすると思いますのでとっとと終わらせてしまうのが良いでしょう。
ケースバイケースですのですべての人に当てはまらない可能性がありますが、誰かの助けになれば幸いです。
もしくは数年後また私の助けになるのかもしれませんが。。。


関連記事
↓良ければぽちっとお願いします。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。